NEXT

2020年5月開催『くちびるの展会2』延期のお知らせ(2020.04.05)


日頃よりくちびるの会を応援いただき、ありがとうございます。

この度、2020年5月に予定しておりました『くちびるの展会2』の開催を延期することといたしました。楽しみにしていただいた皆さま、応援いただいていた皆さまには、大変申し訳ございません。


新宿眼科画廊というコンパクトな空間での密な演劇を目指した『くちびるの展会2』ですが、昨今の新型コロナウィルス感染症の蔓延状況を鑑み、完全に安全な状態での上演が困難であり、かつ、作品創作面に置いても多いに支障が出る恐れがあるため、この様な決断をしました。


『くちびるの展会2』は、約一年の期間を空け2021年度に延期公演を行いたいと考えております。何卒、ご理解いただけましたら幸いです。


また、くちびるの会は「おうちでくちびるの展会」と題し、2018年11月に行った『くちびるの展会』で上演した3作の台本を無料公開いたします。無料公開する台本は、以下の3作品です。


『猛獣のくちづけ』:2018年10月初演。宮城、東京の2都市で上演した男5人芝居。『くちびるの展会2』で再演予定。

『ネクラホマ・ミクサー』:2017年6月初演。新宿の演劇イベントで上演した男3人芝居。

『ごうわん』:2017年1月に執筆し、2018年『くちびるの展会』で初演した男2人芝居。


よろしければぜひお楽しみいただけますと幸いです。これからも、くちびるの会は、日本芸術文化の発展・普及のために活動して参ります。今後とも応援のほど、どうぞよろしくお願いします。


くちびるの会 代表 山本タカ

「おうちでくちびるの展会」

(2018年11月『くちびるの展会』で上演した3作品の台本無料公開!)


『猛獣のくちづけ』

『ネクラホマ・ミクサー』

『ごうわん』


※タイトルをクリックすると台本ページへ移動します。


『くちびるの展会2』

作・演出 山本タカ


くちびるの会の短編集公演、第2弾を開催!

2018年の第一弾で上演した「猛獣のくちづけ」の再演のほか、2本の新作短編を上演!

5人のキャストが、2作品ずつ出演する、男ばかりの展覧会公演!

全ての回にアフタートークを開催!

「遠吠える負犬男達が、世知辛い社会を、どっこい生きる3部作!」

"これからの"くちびるの会を、ぜひご覧あれ!

<上演作品>

1)再演「猛獣のくちづけ」(上演時間:40分予定)

出演:薄平広樹、堀 晃大、木村圭介、青沼リョウスケ、藤家矢麻刀


ヘルニア予備軍の肉体労働者は、ぼんやりとした不安に包まれていた。

迫りくる老いと孤独。栄養不足でカロリー過多な食生活、不安定な雇用関係と、軽薄な人間関係。

藁をもすがる思いで、カップ焼きそばの神に祈れば、ひとりまたひとりと、人は人をやめていく。

「今、俺たちに必要なのは、孤独を埋める友達なんだよ!」

地方の物流倉庫街で働く、5人の男たちが織りなす、現代日本の変身譚。

2018年、仙台・東京の2都市で上演した怪作を、再び上演。


2)新作「実家の兄弟」(2人芝居/上演時間:25分予定)

関東にある、古い一軒家。そこには、成人しても実家に暮らす2人の兄弟がいた。

4リットルの業務用ウイスキィを傾け、海洋生物の生態映像を見ながら、ゆっくりと夜を過ごす兄。

夜勤アルバイトが休みの弟は、リビングにきて、スマートフォンを熱心に操作する。兄は、兄なりの説教をかまし、弟は弟なりの反論をする。気がつけば、話していないことが山ほどある。

「いつから、こんなに俺たちは他人になったのだろうな。」

煮こごった間柄とありふれた状況が、哀しくも愛らしい男2人芝居。


3)新作「色鮮やかに、抵抗」(3人芝居/上演時間:30分予定)

男は、一つの果実を握っていた。コンクリそびえる街の中、掌の質感を楽しんでいた。

「いつだってそうだ。俺には、この方法しかなかったのだ。」

不適に笑う男を、誰もが見たくて見ないフリ。このご時世、本当に危ないやつも珍しい。

なぜなら"大きなもの"に抵抗する術が男の手には握られていたのだから。

男3人で描ききる、生活圏域非暴力レジスタンス。


※「実家の兄弟」、「色鮮やかに、抵抗」の出演者は決まり次第ご案内します。

<公演スケジュール>

2020年 5月

16日(土)19:00

17日(日)13:00/18:00

18日(月)19:00

19日(火)14:00*/19:00

20日(水)休演日

21日(木)19:00

22日(金)19:00

23日(土)13:00*/18:00

24日(日)13:00/18:00

25日(月)19:00

26日(火)14:00


※ 全ての公演で、「猛獣のくちづけ」「実家の兄弟」「色鮮やかに、抵抗」の3作品をご覧いただけます。「実家の兄弟」「色鮮やかに、抵抗」の2作品のみ、「猛獣のくちづけ」のみの単品でもご覧いただけます。

※「猛獣のくちづけ」上演後に、10分ほどの休憩がございます。

全公演終了後には、アフタートークを開催いたします。


※ 受付開始は開演の25分前・開場は開演の20分前。

開演時刻を過ぎますと、会場の性質上、次の演目まで客席にお入りいただけません。あらかじめご了承ください。

※ 未就学児童入場不可。


*託児サービスあり(無料・定員制・要予約)

5月19日(火)14:00、5月23日(土)13:00 のみ託児サービスがあります。

ご予約・お問い合わせ:イベント託児・マザーズ  0120-788-222(10:00~12:00・13:00~17:00 土日祝休み)



<チケット料金>(整理番号付き自由席/一部指定(単券ご希望の方)・税込み)

チケット発売:調整中です。決まり次第お知らせいたします。(3月28日)


全演目券:3,200円/U-22:2,000円

「猛獣のくちづけ」「実家の兄弟」「色鮮やかに、抵抗」アフタートークを合わせてご覧いただけます。

 

単「猛獣のくちづけ」券:1,800円/U-22:1,200円

 最初の1演目のみ試し観したい場合は、「猛獣のくちづけ」券をご購入ください。

 休憩時間中にご退出をご案内いたします。アフタートークは含まれません。

 

単「実家・色鮮やか」券:2,000円/U-22:1,300円

「実家の兄弟」「色鮮やかに、抵抗」のみご観劇希望の場合は、「実家・色鮮やか」券をご購入ください。


当日料金:各種300円増し

U-22=22歳以下。当日要証明書提示・枚数限定。



<取り扱いプレイガイド>

・ くちびるの会WEB予約

https://ticket.corich.jp/apply/106647/

上記フォームよりお振込みでチケットを事前ご購入いただいたお客様には、会場にて、「実家の兄弟」「色鮮やかに、抵抗」の上演台本をプレゼント!


・カンフェティ

http://confetti-web.com/kuchibirunokai202005

0120-240-540(オペレーター/平日10:00~18:00)

※カンフェティでは、チケット1枚ご購入頂くごとに、途上国の子どもたちに「BCGワクチン1人分」を寄付しています。



<会場>

新宿眼科画廊 スペース地下

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11

JR新宿駅東口より徒歩12分

地下鉄東新宿駅より徒歩6分

地下鉄新宿三丁目駅より徒歩7分

<スタッフ>

音響:安藤 歩(catSSound)  音響協力:中村光彩  照明協力:山本創太  演出助手:佐野七海

宣伝美術:平崎絵里  制作・演出補佐:北澤芙未子

お問い合わせ:くちびるの会 090-6521-5230/info@kuchibirunokai.jp

https://www.kuchibirunokai.jp/